<< 函館ハーフマラソン その1 | main | 久しぶりのランと… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
函館ハーフマラソン その2
この辺りではペースの維持が段々と苦しくなってきましたが、なんとか粘るぞ!と気合だけは入っていました。
しかしこのあたりで左のフクラハギが「ピクピク」っといやな反応。[:ふぅ〜ん:]
「やばいなぁ、残り5km以上あるのにここで攣っちゃったら持たないな」と思い
ペタペタとすり足のピッチ走法みたいな走り方に変えます。

ペースは落ちるがしかたない。と思いしばらく進むと前方にストレッチしている人が、、、
第二折り返しの前に自分を抜いていった人でした。ああ、いっちゃったんだなぁと思いましたが他人事ではない状況です(苦笑)たらーっ
無理するよりストレッチした方がいいかも。と思い始め(がこれが悪かったかも…)立ち止まりストレッチしました。が、あせっているせいか数回屈伸してすぐスタート。
1分もしないうちにまた歩き、、、すぐスタート、歩き、、、
案の定、一度歩くと我慢が効かなくなりました。下向き
ちょっとピクピクっときたらすぐ止めちゃう、やっぱり一度自分に甘えたらそこで終わりですね。end

沿道からたくさんの声援をもらいましたが、脚が言う事きかない。
ホント、悔しかったですね。あせあせ
ハアハア、ゼエゼエ、言ってる人に抜かれても走れない自分。
参りました、最後の3kmぐらいでかなりの人に抜かれました、、、。

20km:25:15

かなりの落ち込みです。
でも結構歩いていたのに25分台で済んでるのはちょっと不思議な感じもしました。
そして海岸線から競技場へ向かう最後の3kmの間に、細かなアップダウンというか道路のウネリがあるんですがそのウネリのせいでピクピクと反応して一層ダメージを深くするんだよね、、、[:がく〜:]

競技場に戻ってきて時計を見ると35分切りが微妙な時間でしたが、ペースアップする余裕はないし最後もなるようになれ!でした。
トラックの最後の直線で35分を過ぎたのが見えてGOAL。

結局前半のペースが祟ったのか脚を使いすぎたのか結果に失望というより
レースの過程がガッカリでした。もちろん歩いた事でね。

これからはこの痙攣対策と精神の鍛えなおしが課題でしょうかね、、、?
次は11月のさよならマラソンの予定です。
| 完走記 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fun-runner.jugem.jp/trackback/395
トラックバック