CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ランオフ | main | 監禁事件2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
監禁事件1
今日の朝は2度寝してしまいました。
ちょっと気を抜くとこれですから、、、また明日挑戦ということで。

ネタを探していますが、なかなかコレといったものがないので、
仕事中のエピソードとしておもしろそうなモノを紹介したいと思います。

タイトルがちょっと物々しいですが14年ほど前、私は客先へ出向いて通信機器等の修理を行う仕事をしておりました。
世の中には色々な方がいるので、仕事内容は別としてそういう出会いみたいのは大変おもしろく、良い経験になり、日々の変化もそれなりに楽しめたものでした。

とある日、会社からの連絡であるお宅に向かいました。
とても大きな立派な家でした。玄関への階段を上っていくと、ドアの上部に
「カメラ」が私をにらみつけていました。
「あちゃー、、、やられたよ、、、」 冷や汗 そうです、その筋のお宅でした。

しかし、もうドアの前まで来ているので引き返すわけにも行かず(戻ってどうする?)意を決して訪問しました。
出迎えは当然ながら若い衆で、ごくフツウに家の中に通されました。
「こうこうこで、こうだからよ、頼むなニイチャン!」 
「は、はい、、、」
ってな感じだったと思います。(当時は間違いなくニイチャンでした、、、ハイ)
しかし、自宅兼事務所として使っていたという記憶があるその家は部屋数も多くとても広いので思うように作業が進みません。どこに何がついているのかさっぱりわかりませんでした。

配線系の問題かもしれないので他の部屋も見ないとダメな状況でした。
「あのー、2階の部屋見させてもらってもいいですか?」
「ああー?うーん、まいいか、お客さん来てるから気をつけてくれ」と言われ、若い衆と一緒に上がりました。
そこでは、幹部らしき人たちがマージャンに没頭中です。
「ここかなぁ…、あれー、、、」
「おい、ニイチャンわかったか?」
「す、すいません、ここじゃないみたいで…」
「、、、、、」 ってなやりとりが1,2回。

ちょうどその頃会社では、そのユーザがどういう所かが分かった所でした。
慌てて私と連絡をとるためそのユーザへ連絡をいれたそうです。
当時はケイタイもありませんし、ポケベルも確か持っていなかったと思います。その方法しか連絡がとれませんでした。(車両無線はありましたけど…)

すると、電話に出た(多分)若い衆とのやり取りはこうだったようです。(後から聞いた話なのでたぶんですが…)

「○○ですが、うちの□□を電話にだしてもらえますか?」 

「ナニイィ?もっと腕のいいのをよこせ!時間がかかりすぎるぞ!直るまで、電話にはださねえぞ。」 

「、、、、そ、そうですか…」 

ガチャン

(おいおい、それで終わりかよ!) 冷や汗

会社では大騒ぎ!

続きは明日、、、
| エピソード | 23:41 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - | -
コメント
あーなんかドキドキしますね。
UGさん大ピンチじゃないですか!こういう話大好きです(笑)。
| kanapapa | 2005/12/09 10:43 AM |
>kanapapaさん

ふふふ、お楽しみに、、、
ってオチをはずしてしまったら、、、
| UG | 2005/12/09 7:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fun-runner.jugem.jp/trackback/50
トラックバック